iPhone4SとiPad2売却

iPhone4SとiPad2をヤフオクで売ってしまいました。
それぞれ11,000円。

現在、AndroidとChromebookがあってMicro USBケーブルUSB Type-cケーブルを使っています。
職場ではiPad第6世代を持たされていてlightningケーブルも使っています。
そしてiPhone4SとiPad2で30ピン USB Dockケーブル 
さすがに、ケーブルが多すぎてなんだかすっきりしない。
これが、iPhone4SとiPad2を売却した理由。

あと残っているのは、iPhone3G。
iPhone4SとiPad2は古い端末ですが、海外製正規SIMフリーだからなんとか買い手がついたのだと思います。
iPhone3Gはソフトバンク版なので売れないでしょう。
記念に取っておくか。

ワイモバイル、大丈夫?

高齢の母がスマホにするというので、帰省してスマホの購入に付き合いました。
MNPして転入するのはワイモバイル。
格安SIMの会社で「話し放題」があるのはワイモバイルだけです。
高齢者にとって「話し放題」は重要らしい。
開店の11時に予約をしてワイモバイルのショップに向かいました。
10時55分に着きました。
しかし、11時になってもオープンしません。
ショップの前には「係員みたいな人」が立っていたので、何時にオープンするのか訊いてみました。
すると、その人はそのショップが入っているモールの人でワイモバイルとは無関係であるとのこと。
ただ、その日はワイモバイルの店員(3人常駐のはず)が全員出勤しておらず、「まだオープンできない」と伝えるために立っていたのでした。

当日の10時に「予約確認メール」が送られてきたのに、予約した11時になっても店がオープンしない・・・
その理由が、店員全員の遅刻・・
ワイモバイルって大丈夫なのでしょうか?
店員の労働条件が悪いので店員のモラルが低いのでは?と勘ぐってしまいます。

結局、11時37分に店員が出勤し、11時40分に対応が始まりました。
店員全員の遅刻でオープンが40分遅れるなんて、ワイモバイル、大丈夫?

時計は11時30分を指しているのにロープが張られています。

Chromebook Plus購入

Chromebookに興味があり、SamsungのChromebook Plusを購入しました。
12.3インチでMacBook Air(2017)よりも一回り小さいサイズで持ち運びがしやすい。
厚みは約1.4cm、重さは約1080g。
気に入ったのはアスペクト比が3:2で、縦にすると画面がB5サイズとほぼ同じになります。
映画を見るには駄目ですが、印刷物を見るにはいい形です。
iPadと違って、ペン内蔵がいい。

Chromebookというと、ネットにつながっていなければ役に立たないという印象を持ちますが、本体内に24GB分の空きストレージがあり、SDカードも挿すことができるので、Google Play Storeからfolderアプリをダウンロードすれば、クラウドにアクセスしなくても作業をすることができます。
ネット環境の有無に左右される度合いは、Windows PCやMacBookと同じです。
ネットにつながっているのが前提だけれども、オフラインでも作業ができる。
ちなみに、Google Play Storeからアプリをインストールできるというのは、Windows PCやMacBookよりもオフラインでの自由度は高いと思います。

USB Type Cから充電できるのもいい。
モバイルバッテリーからも「低速充電」ですが充電することができますので、持ち運びで荷物が少なく済む。

難点は、インカメラしかなく、タブレットモードで写真が取れないこと。
そして何より、SIMカードが挿さらないこと。
ネットにつながっているのが前提でこれはないでしょう?

ヤフオク出品

ヤフオクでガジェットを売りました。
Huawei MediaPad M3 プレミアム LTE 国内版SIMフリー
⇒32,000円で落札

Yoga Book with Windows LTE
⇒40,000円で落札

HUAWEI P8 MAX(中国版)
⇒17,000円で落札

すべて、即決価格を設定しました。
また、送料はすべて出品者負担としました。

不思議なのは、32,000円で落札された「MediaPad M3」は同じ時期に即決価格がもっと安いやつが出品されていました。

また不思議なのは、「P8 MAX(中国版)」は最初は即決価格は16,000円としていたのですが、買い手がつかず、即決価格を17,000円にすると落札されました。

それぞれ、意外と高く売れたと思います。
購入時からあまり値崩れしませんでした。
これは「いい物を買った」ということでしょう。

ちなみに、今狙っているのは、Chromebook。
売上金額で購入しようと思っています。
「いい物」を購入すれば、手放す時も値崩れはあまりしないはずです。

反動懸垂効用

反動懸垂をやっています。
反動をつけることで回数をこなすことができますので、心肺によくききます。

反動をつけるというのは、同時に反動を抑えることでもあります。
反動を抑えないと身体が揺れすぎて懸垂はできません。
反動を抑えることは体幹を鍛えるのに効果的だと思っています。

道場での練習中、相手の突きが怖くないことに気づきました。
体幹がしっかりしてくると、小さい動きで受けることがことができます。
小さい動きで受けられるということは、反応が遅れても間に合うということです。
道場で練習するたびに反動懸垂の効用を実感します。

一方で、「力に頼っている」と注意されることも多い。
私自身、「技」ではなく「力」に頼っているというのは自覚しています。

武道をやる以上、「高齢でも強い」というのに憧れる人は多いと思いますが、私もそのうちの一人です。
いつまでも「力」に頼ってばかりいるのではなく、「技」も磨かなければと思っています。
しかし、いろいろな効果を実感すると反動懸垂は止められません。