Huawei P8 Max 中国版

ヤフオクで、Huawei P8 Maxを落札しました。
画面サイズ6.8インチといった大画面に惚れました。
でも間違えて「中国版」を落札してしまった。
もちろん、型番等をきちんと確認しなかった私の落ち度ですが、出品者のほうも「中国版」と明記しておいてほしかった。
やはり「悪い評価」が一定数ある業者から落札するときは細心の注意が必要ですね。
というのは、アンドロイドの中国版はGoogle Play Storeが使えません。
中国は規制だらけでGoogleが撤退してしまったからだそうです。

ネットには「中国版にGoogle Play Storeを入れる方法」なんていうのが出てきますが、これも少し前から不可能になってしまったと思います。
実際にGoogle Play StoreもGoogle Play APKもGoogle Play Serviceもインストールしましたが、開けない。
っていうか、そもそもGoogleのアカウントが登録できません。
間違えて中国版を落札してしまった時には、ネット情報を信じて「まあどうにかなるさ」と思っていたのですが、まったく駄目でした。

つまり、今回購入したのはGoogleのサービスが使えないAndroid端末ということになります。
ただ、Google Play Storeは使えなくても、アプリはHuawei AppGalleryや百度手机助手やAmazonアプリストアからインストール可能です。

以下、不思議なこと。
Yahoo地図は、Googleサービスがないので利用不可能なのですが、Google Mapは利用可能。
また、Google日本語入力は利用可能。
Lineはインストールは可能だけど、通信できない。
Line liteは利用可能。
GMAILはウェブ版は利用可能だけど、Google Mapのウェブ版は利用不可能。

中国版Android、もう少し勉強が必要です。

懸垂逆上がり

朝練では反動懸垂をやっています。
反動をつけるメリットは「同時に様々な部位を使いながらトレーニングできる(動きの中でトレーニングできる)」だとか「回数がこなせるので心肺機能も鍛えられる」だとかがあると思います。
懸垂は反動をつけるとチートと言われることもありますが、目的は懸垂ではありません。
動ける身体を作ることが目的です。

さて最近、練習に懸垂逆上がりを加えました。
反動懸垂に逆上がりを加えることで、いっそう「同時に様々な部位を使いながらトレーニングできる(動きの中でトレーニングできる)」ようになると思ったからです。
今後、身体の使い方に進歩がみられるといいのですが。

Google Play ブックスで出版

KindleiBooksに続いて、Google Play ブックスでも出版してみました。
Google Play ブックスで出版するには「Google Play ブックス パートナー プログラム」に登録しなければなりませんが、現在は新規登録に制限を設けているそうです。
新規登録をするには、お問い合わせフォームに必要事項を入力して送信する必要があります。
すると、1週間ほどで「Google Play ブックス パートナー プログラム登録受付開始のご案内」といったメールが届きます。
こnメールに新規登録用のURLがありますのでこのURLをクリックして、あとは言われるがままに進んでいくと、電子書籍コンテンツをアップロードできます。
電子書籍コンテンツをアップロードして、1週間ほどで電子書籍がGoogle Play ブックスで出版されました。

ノーパンクタイヤ交換

自転車通勤をしています。
リペアムゲルといったノーパンクタイヤを履いています。
パンクの心配とは無縁だし、空気入れの手間もないのが快適です。

さて、後輪がヘタってきました。
タイヤの側面はこんな感じ。

これは、4年前に撮った写真ですが、今回もこんな感じです。
4年前に後輪を交換した時には、23Cから25Cにしました。
今回は、強度を持たせるために25Cから28Cに交換しました。

リペアムゲルは「重い」といった悪評もありますが、よく転がるし安定しているし、私は気に入っています。
何より「パンクの心配がない」のと「空気入れの手間がない」のがいい。

ちなみに、今回ブログに挙げたのは、次にタイヤが駄目になった時、「何年持ったか」を確認できるようにするためです。

Apple Pencil購入

iPad Pro9.7をヤフオクで購入しました。
せっかくのProなので、その後Apple Pencilもヤフオクで購入しました。
7,000円(税込み)。

早速、Apple Pencilで書いてみました。
iPad Pro9.7は、リフレッシュレートが 60Hzですので、現行のProの120Hzと比べると性能が低いのは分かっていました。
でも、「Apple Pencilってそこまで書き心地がいいものですか?」っていうのが正直な感想でした。

私は、Galaxy Note3とGalaxy Tab 10.1(2014)を使っています。
どちらも、Sペン内蔵です。
はっきり言って、Sペンのほうが書き心地がいい。
Sペンは充電不要だし。

iPad Pro9.7が発売された当時、ネット上も雑誌上もApple Pencilを礼賛するレビューばかりでした。
だから、60Hzでもすごいんだろうなと思っていました。
でもGalaxyのSペンと比べると大したことない、っていうかSペンの方が上。
あの礼賛記事は何だったんだろう?
思うにAppleのファンって、Appleしか見えていない、すごく狭い世界しか見ないで判断する傾向があるのではないかと思います。

ペンについては、
Galaxy Tab 10.1(2014)は、2013年10月に発売。
iPad Pro9.7は、2015年3月に発売。
約1年半もの差があるのに書き心地はGalaxyのSペンの方が上って・・・

繰り返しますが、iPad Pro9.7が発売された当時、ネット上も雑誌上もApple Pencilを礼賛するレビューばかりでした。
Appleのファンって、Appleしか見えていない、すごく狭い世界しか見ないで判断する傾向があるのではないかと思います。