電子書籍を出してみました

以前ヤフオクでMacBook Airを落とした話を書きました。
何ができるのかな、と調べていたら、iBooks Authorというアプリで電子書籍が制作せきるとのこと。
今年から生徒にはiPadを持たせています。
このiBook Authorで電子書籍を制作すれば、iBooks Storeを通して生徒に資料を配布できると思いました。
もちろん、生徒に資料を配布するのはPDFファイルでもいいのですが、ページ数が多くなると電子書籍形式にした方が目次が作れるので便利です。
電子書籍形式だと目次をタップするだけですぐにページに飛ぶことができます。
ということで、さっそくiBooks Authorを使って電子書籍を制作してみました。
制作自体は簡単でうまくいきました。

しかし...
電子書籍をiBooks Storeにアップロードしようする段で躓きました。
アップロードするためのiTunes Producerにサインインができません。
iTunes Connectにはきちんと個人情報を入れたのに...
何回やってみてもうまく行かず、iTunes Storeは諦めました。

ここで思いついたのがKindle。
KDP(Kindle Direct Publisher)のサイトから電子書籍をアップロードすることができます。
ただ、iBooks Storeは無料本を扱えるのに対し、Kindleは有料本のみの扱いです。
もちろん生徒に有料本の形で資料配布するわけにはいきません。
しかし、iBooks Storeで電子書籍を公開しようとしてうまく行かなかった私は、ここまできたらKindleで出版してみようとの気持ちになり、KDPを通して自作電子書籍を出版してみました。
なんと、Kindleは出版はとても簡単ですぐに出版することができました。
生徒が間違って購入しないように、念のためペンネームで出版したので、誰も見つけることはできないと思います(著者名で検索すると引っかかってしまう)。
今回は電子書籍の出版が目的ではなく、電子書籍の出版を試してみる、というのが目的です。
試してみてうまく行きました。
実際に購入することできました。
目的は達成できましたので、あと少ししたら削除しようと思っています。

AUひかり電話不通と原因

AUひかり電話を契約しています。
ある日、知人から「いつも不在だ」とのクレームがありました。
そんなはずはありません。
検証してみると「発信はできるのですが着信しない」といった状態でした。
携帯電話で自宅電話に電話してみると、携帯電話のほうでは呼び出し音は聞こえるのですが、自宅電話のほうでは何ら反応はありません。
着信しないのです。
思い当たる原因は雷による停電です。
すぐにKDDIお客様サービスに電話をしました。
(なかなかつながらない中、辛抱強くつながるのを待ちました)
KDDI担当者はとても丁寧な口調で症状を聞き「これを試してくれ」だとか「あれを試してくれ」と言ってくれます。
どれを試してもダメでしたが、最後に「携帯電話で自宅電話に電話して呼び出し音が鳴っているときに自宅電話の受話器を上げてつながるか試してみてください」と言われました。
その通りにすると不思議なことに「着信がないのに」つながりました。
着信はないがつながった旨を話すと、KDDI担当者は「おそらく電話機の故障でしょう。違う電話機で試してください」との返答。
たしかにその通りと思い、すぐにアマゾンで電話機を購入しました。

新しい電話機が届いたので、これをつないでみました。
するとまた同じ症状。
着信しません。
着信はしないのに受話器を上げるとつながります。
またKDDIお客様センターに電話をしました。
担当者に「新しい電話でも同じ症状なので電話機の故障ではない」と伝えると、「ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)の故障かもしれない。停電等で電気の流れが急に変わると、ホームゲートウェイ内の電話線をつなぐ回線だけが壊れてしまうことがある」とのことでした。
新しいホームゲートウェイを郵送するのでそれで試してみてください、とのこと。
分かりましたと伝え、新しいホームゲートウェイが郵送されるのを待つことにしました。

2日後に新しいホームゲートウェイが届きましたので、これに電話をつないでみました。
すると、電話は正常に機能しました。

インターネット回線はつながるし、電話の発信もできるのに、電話の着信のみができない。
着信しないのに受話器を上げると電話はつながっている。
こんな故障の仕方もあるのかと驚きました。

さて、残念なのは新しい電話を購入してしまったことです。
電話の故障ではなかったのですから、とても損した気分。
KDDIにとっては、今回の事例は非常に珍しいものでマニュアル化されていなかった、ということなのでしょうか?

膝が痛い

6月からずっと膝が痛い。
歩くのにも支障が出てきたので、接骨院に行ってみました。
(整形外科はレントゲンを撮って骨に異常がなければ全く相手にしてくれませんので)
大腿四頭筋がめちゃくちゃ張っていると驚かれてしまいました。
膝周辺も腫れています。
オーバーユースです。
使いすぎた意識はないのだけれど、長年の疲労が今出てきたのでしょう。
電気を当てて、アイシングをして、マッサージをしてもらったら、足がかなり軽くなりました。
接骨院てすごい。
ただし、接骨院はこのケースでは保険が適用されません。
整形外科よりも身近で、技術もあるし、実際に苦痛が軽減されるのに・・・
まあ、日本の医療保険制度は火の車なのですからしょうがないか。

足が軽くなったので道場で思いっきり動いてみました。
気持ちいい。
でも次の日にきました。
痛くて、また歩くのにも支障が出る始末。
今度は整形外科に行ってみました。
やはり、レントゲンを撮って骨に異常がないと分かればそれで終わり。
しかし、驚いたのは薬の効果。
痛み止めをもらったのですが、これがすごく効く。
現代医療ってすごい。

接骨院も整形外科も「やっぱりプロはすごい」と再認識させてくれました。

台湾旅行2018

8月10日(金)~8月13日(月)まで、山の日と日曜日を利用して台湾に行ってきました。
初日は仕事を午前中で終わらせて成田空港へ、そしてホテルに着いたのは22:30。
最終日は朝9:00にホテルを出発といった、中2日の弾丸旅行でした。
今回は家族旅行でしたが、子供たちは台湾観光に興味を示さず・・・
結局、訪問したのは、故宮博物館と龍山寺と九份だけでした。

故宮博物館は混雑を予想していましたが、夕方に行くと団体客も少なく、落ち着いて見ることができました(子供は展示物に興味なし)。

龍山寺は家族をホテルに残して、朝6時30分から見学。
地元の人がお経を唱えながら境内をぐるぐる回っている様は感動的でした。

九份は家族皆が行きたかった場所。
一人旅だったら電車とバスを乗り継いでいくのだけれど、「疲れた」だの「暑い」だの文句を言われることが予想できたので、タクシーをチャーターしました。


九份遠景


阿妹茶楼でお茶を飲みながら、明かりが点灯するのを待ちました。


明かりが点灯しました。大混雑です。

帰りに、台北市内の吉利字画に寄って花文字を描いてもらいました。

竜だとか小鳥だとかの絵で線を描き、文字を描いてくれます。

なかなか連続した休暇が取れないので、毎回近場の弾丸旅行になってしまいます。
せめて1週間でも連続で休みが取れればヨーロッパに行ってみたい。

クレジットカード不正利用

【Googleからのメール】
Google Drive100GBを契約しています。
1か月230円でクレジットカード払いです。
7月18日(水)夜にGoogleから以下のメールが来ました。

Payment declined for Google Drive subscripyion
Your subscription will be cancelled
Hi 〇〇
Your payment from Visa-〇〇〇〇 was declined. To keep your subscription active, please change the payment method.
We’ll try to process the payment again so you can regain access to your subscription.
Thanks,
The Google Play team

不思議に思いながら、すぐに登録クレジットカードを変更しました。

【クレジットカード会社からの電話】
7月19日(木)、クレディセゾン(クレジットカード会社)から職場に電話がかかってきました。
クレジットカードを作成するときに勤務先情報を書きますので、クレディセゾンが職場に電話してくるというのも不思議なことではありません。
しかし、普通はクレジット会社から電話などないものです。
訝し気に電話に出てみると、まずは本人確認です。
住所、生年月日、カード番号。
本人確認が済むと先方(以下、彼女)から、私のクレジットカードが不正利用された形跡があると告げられました。
なんでも、7月16日(祝)にアメリカで私のクレジットカードで56万円分の家電製品の買い物があったというのです。
さらに、7月17日(火)にはアメリカのレストランで私のクレジットカードで会計が支払われたということでした。
こういった説明を終えた後で、

彼女:7月16日、17日とアメリカにいましたか?
私 :いえ、日本にいました。
彼女:分かりました。それでは、今回の金額がお客様の口座から引き落とされることはありません。このクレジットカードは念のため休止させていただいてもよろしいでしょうか?
私 :休止してください。
彼女:分かりました。それでは、カード番号を変えたクレジットカードを再発行いたします。クレジットカードで支払っている公共料金等については、登録クレジットカードの変更をお願いします。
私 :分かりました。ありがとうございました。

【登録クレジットカードの変更】
怒涛の勢いで、登録クレジットカードの変更をしていきました。
しかし、問題発生。
インターネットはKDDIの光回線を利用しているのですが、au IDとパスワードが分かりません。
これでは、My auにアクセスできず、登録クレジットカードの変更ができません。
KDDIに電話して、au IDとパスワードを訊きました。
Au IDとパスワードは英数混合の複雑なものでした。
ところで、KDDI職員(以下、彼女)の説明の仕方が「なんだかな?」と思ったのでここに記したいと思います。

彼女:では今からau IDを読み上げますのでメモのほうはよろしいでしょうか?
私 :はい、お願いします。
彼女:まずは数字の1です。次にアルファベットの小文字でkingのk。次にアルファベットの小文字でqueenのq。次にPolandのp。次にGermanyのg。

このような具合で説明が続いていきました。
電話でアルファベットを伝えるときに誤解のないように、「sunのs」などと言うことはよくあることです。
でも、「Germanyのg」って逆に分かりにくくなってはいませんか?
普通に「g」と言うほうが分かりやすいと思います。
「ドイツ」っていう言葉は知っているけど「Germany」っていう英単語は知らないって人、結構いるのではないでしょうか?
アルファベットの「x」だったらどう説明するのでしょうか?

その後は無事にMy auにアクセスして、登録クレジットカードを変更することができました。