月別アーカイブ: 2015年5月

プレゼント

小5の娘から
「なんでお母さんにプレゼントをしないの?」

「ほしいものがあったら自分で買えばいいじゃん。俺のセンスで買われるよりいいだろ。」

「一緒に買い物に行って、ほしいものを買ってあげるんだよ。」

おい、小学5年生・・・

なぜ靖国神社?

中学生の息子が東京見学に行きます。
行先は、東京駅、桜田門、上野、そして靖国神社!

なぜ靖国神社???
たしかに超有名だけど。

そういえば、靖国神社から電話をもらったことがあります。
ある日、靖国神社から職員室に電話がかかってきました。
内容は「学生証の落し物が届いています」。
私「・・・」

私は当時、高校3年生の担任でした。
2月のことです。
クラスのある生徒が東京の私大を受験しました。
受験後、彼は靖国神社を見学に行きました。
そこで、学生証を落としてしまったとのこと。
その時の私が思ったこと。

なぜ靖国神社???

教科書副教材執筆

以前、研究社に依頼されて、辞書の推薦文を書いた話を載せました。

今回は、第一学習社に依頼された話を載せますね。
Voyagerバイト

第一学習社は『Voyager』という英語教科書を作っていますが、その副教材『ワークブック』と『予習ノート』の執筆をしたことがあります。
1ページ約7500円でした。
全部ではなくて、私が担当したのは数レッスンのみ。

大変だったのは、ページレイアウト。
1ページに各パートの本文と英文構造と設問を入れなければなりませんが、紙面の制限が大きい。
載せるべきことはどんどん連想できるのですが、何を削るかで苦労しました。

あとは、解答解説。
全国の高校2年生と3年生が理解できなければなりませんので、オリジナルの用語もオリジナルの解説も不適切です。
受験に対応しつつ、当たり障りのない解説にしなければなりません。

まあ、なんとか終わらせましたが、その後、役所から「追徴課税」の通知が来てしまいました。
+αの収入があったので、納税をしなければならなかったようです。
サラリーマンは所得税の納税は会社がやってくれます。
所得税なんて頭から完全に抜けていました。
まさに寝耳に水。

役所の人は「書籍代や打ち合わせ等でかかった食事代とかも経費で落とせますよ」等、言ってくれたのですが、そもそも納税意識なんてなかったので、「ましてや節税意識をや」です。

こういったことを考えなくていいサラリーマンは気楽です。

趣味とお金

思えば、中学校から大学まで部活は水泳。
「趣味は?」
と訊かれたら
「水泳」

でもこれって、趣味じゃないです。
部活。
ただ、毎日泳いでいただけ。

大人になってみると、趣味っていうのはお金を使うことなんじゃないかと思います。
「お金のかからない趣味」っていう言葉があるのは、背後に「趣味はお金がかかる」っていうのがあるから。
例えば、お金のかかりそうにないジョギング。
皆、ウェアに必要以上にお金をかけているし、GPS機能付きの腕時計なんていうのもある。
登山や自転車なんかも、レースに出るわけでもないのに、必要以上にお金をかける風潮。
きっと、お金をかけないとストイックな面だけしか残らないし、これって趣味ではなくストレスになってしまうのだと思います。

趣味とストレスは一心同体。
ここにお金が入ることで楽しみが生まれるのだと思います。

実際に書店に行ってみると「趣味」のコーナーにあるのは「カタログ本」ばかり。
趣味っていうのは「お金のある大人のもの」なんだなぁとつくづく思います。

素敵な趣味

ネットサーフィンをしているとあるブログに遭遇しました。
かなり多くの言語に翻訳されている「旅ガールに恋しちゃだめ」についてコメントをしているブログでした。
そこに素敵な言葉がありました。

サーフィンに出会っただけで
人生の半分は 成功しているんだから。。。

私はサーフィンはやりませんが、この言葉にグッときました。
自分の趣味をこういう風に言えたらいいなと思いました。