月別アーカイブ: 2015年10月

内なる財産

あなたがたは地上に富を積んではならない。
~中略~
あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。

ある先生が、新約聖書マタイ6章から引用して話をしました。

クラスの生徒の何人かに、「君の宝物は何だ?」と訊いてみました。
生徒A:「愛です。」
生徒B:「CDです。」
生徒C:「親です。」

たしかに、どれも大切なものですが、今回の文脈からは外れています。
今回の文脈は「誰にも奪われることのない宝物」です。
誰にも奪われることのない宝物は「内なる財産」。

でも、高校生くらいだと、まだ「内なる財産」は築けていないのかもしれません。
強いてあげるなら「友情」でしょうか?

ちなみに私の「内なる財産」は、「少林寺拳法」です。
20年以上取り組んでいます。
少林寺拳法があるから生活が楽しい。

「あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ」
いい言葉ですね。

職務質問を受けました

私の朝練メニューです。 ①懸垂 15回→20秒レスト→15回→30秒レスト→18

②空突き 1100

③上段蹴り 直蹴り→回し蹴り→かけ蹴り 左右各10本 

④立木蹴り 左右各50

⑤立木突き 左250本  右100

⑥左右各60本の上段突きをしながらダッシュ ×3

⑦運歩

⑧9kmジョギング

上記メニューを適当に組み合わせて行っています。

今朝は、⑥と⑧。

いつものコースを走っていると、前方の「〇〇屋」の前にパトカーが見えます。

「なんだろう?」と思いながら走っていると、警察官に呼び止められました。

何でも、昨日の早朝に、〇〇屋に強盗が入ったとのこと。

「職務質問をさせてくれ」と言われました。

もちろん、了解。

「昨日のこの時間はこの辺りを通りましたか?」

「いいえ。」

「いつも、この時間にこの辺りを通るのですか?」

「週に2,3回です。」

「身分証明書を見せてもらえませんか?」

「持っていません。」

「名前を教えてもらえませんか?」

「〇〇です。」

「漢字を教えてください。」

「〇〇です。」
「生年月日を教えてください。」 「〇〇年〇月〇日で24歳です。」

「職業を教えてください。」

「(とびきりの笑顔で)〇〇高校で教師をやっています。」

「電話番号を教えてください。」

「〇〇です。」

「毎朝、この時間に散歩をしているのですか?」

「(散歩じゃねーし)いえ、週に2,3回です。」

「何か、気づいたことはありますか?」

「いえ、ありません。」
最後に、「何か気づいたことがあったら〇〇署に連絡してください。」と念を押されて解放されました。

職務質問の間に車が何台も通りました。

もう一人の警察官が、一台ずつ車を止めるのですが、一言二言話しただけで、車を通してしまいます。

明らかに私にかける時間と違いすぎます。
でも、一番腑に落ちなかったのは、

「毎朝、この時間に散歩をしているのですか?」

散歩って何?

Lineはやらない

なぜLineをやらないの?と訊かれることがあります。
昨日、ショートメール主義といった記事を書きましたが、キャリアメールを持っていない者にとってはSNSは便利なものです。

私はFacebookをやっています。
Facebookのメッセンジャーでやり取りもします。

なぜLineはやらないのか?というと、「管理すべきものはなるべく少なくしたい」といった理由からです。
LineかFacebookか、どちらかを選べ、と言われたらFacebookを選びます。
単純に利用者数が多いから。
そして、米国や英国の知人とやりとりをする機会があるからです。

管理すべきものはなるべく少なくしたい。
言語でいうと、なぜ英語なのか?といった問題です。
中国語か英語か、どちらかを選べ、と言われたら英語を選びます。
単純に利用数が多いから。

連絡手段の話に戻りましょう。
Gメールは、ガラケーの人とはやりとりできません。
キャリアメールは格安SIMの人とはやりとりはできません。
SNSは、アプリを入れていない人とはやりとりできません。
一番汎用性があるのはショートメール。
最強はやはりショートメールだと思います。

ショートメール主義

昨日、Lineで失敗といった記事を書きました。

メールはショートメールを使っています。
というのは、キャリアのメールアドレスを持っていないからです。
Gメールを使えばいいのですが、迷惑メール対策で「キャリアメール以外は受信しない」という人は意外と多いのです。
ショートメールだったら誰にでも届きます。
問題点は字数制限。

こんなことがあり、友人にこれからはLineで連絡を取ろうと言われたのです。

キャリアのメールアドレスを持っていないのは、キャリアと契約していないから。
今話題の格安SIMを使っています。
私が契約しているのはHi-Ho。
SIMカードが3枚ついて(そのうちの一つは音声SIM)、2109円(税別)です。

Lineで失敗

Lineはアカウントはありますがやっていません。
アプリも削除してしまいました。

しかし、この前、ある友人から「Lineで連絡を取った方が早い」と言われ、Lineアプリを再インストールしました。

Lineを再開するにあたって気を付けなければいけないのは「友達の自動追加」。
設定で、この部分のチェックを外さなければなりません。
分かってはいたんです。

さて、Lineの再開です。
ショートメールで番号が送られてきました。
番号を入力しようとすると、なんと自動でLineが再開されてしまいました。
もちろん、設定なんてする暇はありませんでした。
っていうか、設定画面は出てこなかったと思います。
なんか端末と電話番号が同じだと再開は一瞬でできるようです。

一瞬にして画面に生徒や保護者の名前がズラーっと出てきたときの私の驚き、分かるでしょうか?
おそらく、生徒や保護者のスマートフォンに、「〇〇がLineをはじめました」といったメッセージが現れたことでしょう。

やっちまった!

でもどうしようもありません。
すぐに、Lineアプリを削除しました。
友人とは今までどおり、メールでのやり取りです。