月別アーカイブ: 2016年5月

懸垂恐怖症

朝練で懸垂しています。
15回+20秒レスト+15回+30秒レスト+18回
これを週に2~3回行っています。

たまに調子が悪く、ラストの18回がうまくいかない。
勢いで18回できればいいのですが、一度動きが止まってぶら下がってしまうともうダメです。
きつくてきつくてしょうがない。
ラストの数回はきちんと身体が上がりません。
こういう時は「老化=筋力低下?」と不安になります。

こういった不安はなるべく経験したくない。
懸垂恐怖症です。
懸垂をする朝は、懸垂をするまでの練習(立ち木突きやフットワーク)でも懸垂のことばかり考えてしまいます。
懸垂恐怖症です。

ちなみに今朝の懸垂はうまくいきました。

拳サポ購入

朝練で立ち木を突いています。
素手で突くのが本当なのでしょうが、摩擦で皮膚が破れてしまうので、拳サポーターをつけて突いています。
拳サポにはクッションが入っていますが、突いていくうちに徐々に薄くなっていって、今は雑巾よりも薄い。
これでも摩擦で皮膚が破けることはないので十分でした。

でも、定期的に何かを買わないとモチベーションが下がってきます。
拳サポーターを買いました。
テンションが上がり、今日はウキウキした気分で朝練に行くことができました。

物を買うって、それだけでテンションが上がりますね。

Googleサイトで独自ドメイン②

以前、Googleサイトに独自ドメインを追加しようとした時にかなり苦労しました。
「Googleでのドメイン所有権が未確認です。確認する手順はこちらのとおりです。」からうまくいかなかったのです。
しばらく放っておきました。
先日、思い出して、独自ドメインを追加したらすんなりとうまくいきました。
Googleサイトに独自ドメインを追加することに成功したので、先日記事にしました。

さて、「なぜ最初はうまくいかなかったのに、今回はうまくいったのか」と疑問に思い、再現してみようとしました。
別のGoogleアカウントでもう一つのGoogleサイトを作ってみました。
今回も独自ドメインを追加しようとしたら、「Googleでのドメイン所有権が未確認です。確認する手順はこちらのとおりです。」のメッセージが出てきました。
前回うまくいった時と同じ手続きをしてみます。

①「こちら」をクリックします。
②次のページになりますので、「ウェブマスターツールのホームページ」を開きます。
①ウェブマスターツールのホームページ
③「プロパティを追加」に独自ドメインのURLを入力。
②プロパティーを追加
④「別の方法」をクリックして、「ドメイン名プロバイダ」から、ドメインの管理会社を選びます。私の場合は「ムームードメイン」です。
④別の方法
⑤セキュリティトークンをコピーしてます。
⑤セキュリティートークン
⑥ムームードメインにアクセスして、ムームーDNSを変更します(セキュリティトークンを貼りつけます。CNAMEも追加します)。
⑥ムームーDNSを変更
⑦もう一度、
結果は、またうまくいきませんでした。
なぜ、再現できないのか謎です。

Googleサイトで独自ドメイン①

このウェブサイトは、ロリポップのサービスを使っていますが、1か月あたり250円の費用がかかります。
Jimdo等のサービスを利用したこともあるのですが、独自ドメインを用いると費用がかさんでしまう。
独自ドメインを用いて無料でウェブサイトを作成できるサービスにGoogleサイトがありますので、試してみました。

①まず、Googleアカウントでログインします。
①ログイン

②上部の「もっと見る」をクリックします。
②もっと見る

③「さらにもっと」をクリックします。
③さらにもっと

④「Googleサイト」をクリックします。

⑤「Googleサイト」の「作成」をクリックします。
④Googleサイト

⑥「サイトの名前」を入力し、「私はロボットではありません」にチェック。
⑤サイトを管理

⑦ウェブサイトができました。
⑥ホーム画面

⑧「独自ドメイン」で運用するために「設定」から「サイトの管理」をクリック。
⑦設定

⑨「サイトを管理」の画面になりますので、「ウェブアドレス」をクリック。
⑤サイトを管理

⑩「ウェブアドレスを追加」に、「独自ドメイン」を入力します。
⑨ウェブアドレスを追加
「www.」を忘れないようにします。

⑪「Googleでのドメイン所有権が未確認です。確認する手順はこちらのとおりです。」と出るので、「こちら」をクリック。
⑩所有権未確認

あとは、指示に従っていけば、独自ドメインでウェブサイトを表示することができるようになります。

中途半端

ジョギングをしています。
トレイルランニングに憧れて、坂道が多いコースを走っています。

自転車通勤をしています。
ルートを変えるのが楽しい。

少林寺拳法をやっています。
「年をとっても強い」って格好いいと思っています。

どれも中途半端。
どれかに絞るといった生活にも憧れます。

でもこれはこれでいいのかもしれません。
どれかが上手くいっていない時に、他に逃げ道があるからです。