月別アーカイブ: 2016年12月

最近の朝練

朝練は2つのメニューを交互に行っています。
<メニュー1>
①立ち木突き(左拳250回、右拳100回)
②立ち木下段蹴り(左脚50回、右脚50回)
③上段蹴り(直蹴り、廻蹴り、かけ蹴り、左右各10回)
④運歩
⑤型(左右1回)
⑥懸垂
⑦上段突き(1100回)
⑧走りながら上段突き(約100m×2)

<メニュー2>
9kmジョギング

メニュー1の懸垂を増やしました。
15回→20秒レスト→15回→30秒レスト→22回→30秒レスト→10回
計62回
今までは15回+15回+22回だったのですが、2週間ほど前から、さらに10回を追加しました。

ちなみに「反動有」です。
反動有にしているのは、筋肥大が目的ではなく、「筋肉の連動」を重視したいからです。

小学生の指導

道場に行くと小学生の指導を任されます。
最初は昇給審査のための技を教えなければといった気持ちでした。
そしてこれがプレッシャーになっていた。
小学生がふざけるとイライラしたものでした。

最近、昇給審査のためといった気持ちを捨てることにしました。
突き蹴り重視。
技の練習もしますが、突き蹴り重視。
昇級試験を考えなければイライラもしません。

少林寺拳法は組み手主体です。
二人組で技を高め合う。
攻者の突き蹴りがしっかりしていないと、守者の受けも適当になってしまう。
守主攻従の上達で鍵を握っているのは攻者の突き蹴りの練度です。

私自身、突き蹴りはまだまだなのですが、ほぼ毎日朝練をしている私に教わることで何か得るものがあればと思っています。

iPad2と手取りの良さ

タブレットを複数所有しています。
iPad2とアンドロイド(Arrows Tab F-02F)とウィンドウズ・タブレット。

この中で一番古いのはiPad2。
動作もかなり重くなってきました。
でも、家での普段使いは、iPad2。
iPad2の良さに、「手取りの良さ」があると思います。
手取りっていうのは、「給料」とかではなく、茶道なんかで使う意味。

薄さ、質感。
フッと持ち上げたくなるタブレットです。

そして、目にも優しい。
ベゼルの広さは野暮ったいかもしれませんが、柔らかい感じがする。
シャープな感じがないのがいい。
狭いベゼルよりも安心感もある。

アスペクト比が4:3であるのもいい。
私は縦持ちでネットサーフィンをするのですが、横幅は4:3くらいがしっくりときます。
アスペクト比16:10だと、縦持ちだと横幅が狭すぎる。
人間の目は横についているのです。

iPad2はスティーブ・ジョブズの最後のタブレット。
スティーブ・ジョブズってやっぱり凄い人だったんだなと思います。。

Yoga Book購入

タブレットPCを購入しました。
レノボの「Yoga Book」。
yoga-book1
yoga-book2

クラムシェル型のWindows PCですが、キーボードには物理キーはなく、キー部分が光るだけです。
だからキーボードには突起はなく、平らで板みたい。
だから薄い。

クラムシェル型なのに、公称で9.6mmしかありません。
あのMacBookが1.31cmですから、かなり薄い。
ちなみに重さは690gしかありません(MacBookは920g)。

しかもWindowsでSIMフリー。

充電は汎用性のあるMicro USBで行います。
旅行とかでも充電ケーブルがスマホと共用できるから便利。

届いたら早速Windows Updateです。
結構時間がかかりますね。
それから、Office2007のインストールしてやっとまともなWindows PCになりました。

薄くて軽くて平らで板みたいでWindowsでSIMフリー。
私にとっては、まさに理想的なモバイルPCです。

アンドロイドと迷った。
ちなみに、10月6日にアマゾンで注文して届いたのが12月3日。
かなりの人気商品のようです。
57,643円

でもまだ家族には買ったことを言っていない・・・