月別アーカイブ: 2017年2月

私立大入試問題に挑戦

毎年2月中旬から私立大学の入試問題を解いています。
早慶全11学部と上智大学外国語学部英語学科と中央大学法学部。
国立大学二次試験が始まる前に終わらせたいので、1日2学部から3学部。
仕事や練習と並行してやるので時間的に結構きつい。
今日やっと終わりました。

明日は国立大学前期日程試験です。
来週からは国立大学の入試問題に挑戦です。

誰かに「やれ」と言われているわけではないけれども、必要だと思ったらやる。
これが仕事ってものですよね。
勉強も同じだと思います。

またぶつけられた

自転車通勤をしています。
先日、また車にぶつけられてしまいました。
車にぶつけられるのはこれで2回目。
今回も(前回も)、自転車も身体も無傷。
今回は路地から出てきた車に後輪をぶつけられました。

自転車に乗る前は、「なんで一時停止線なんてあるんだろう?」と思っていました。
自動車の立場からすると、一時停止線で止まっても、前の道路の左右は見えません。
でも、自転車に乗るようになると、一時停止線で止まらない車には恐怖を覚えます。
一時停止線で止まらない車があると「こちらに気づいていないんでは?」と思ってしまいます。
まあ一時停止線で止まらない車を見るとこちらも身構えるので、ぶつけられても(実際今回で2回目)大事には至りませんが。

 

毎日がリゾート気分?

家族に「ハワイに連れていけ」とせがまれています。
しかし、私としては魅力を感じない。
素晴らしいところだというのはよく耳にしますし、行ったこともないのに何が分かるんだと叱責されそうですが・・・

そもそもリゾートには魅力を感じません。
なぜなんだろうと自問してみました。
考えてみた結果、「毎日がリゾート」という答えに至りました。

田舎に住んでいます。
近くに海もあります。
空気もきれいです。
空も広い。
休日ゆっくりと本を読んで過ごすなんて普段の生活でできてしまう。

リゾートに今一つ魅力を感じないのは、きっと「海」も「新鮮な空気」も「広い空」も「日常」だからなのかもしれません。

旅では非日常を味わいたい。
現実から離れたい。

私はリゾートよりもおしゃれな街や歴史のある街を歩く方が好みです。

小学校お迎え体験?

昼過ぎに娘の小学校から電話がかかってきました。
娘の調子が悪いので迎えに来てほしいとのことです。
妻に電話してもつながらないので私にかけてきたとのことでした。
今は高校3年生の担任ですので生徒は自由投稿です。
(今日も何人も受験に行っています)
授業はありませんので、小学校に娘を迎えに行きました。

さて、迎えに行く車の中で困ったことに気づきました。
(今日は道場に行く日でたまたま車通勤)
職員室で「〇年〇組の○○の父です」って言うことになるのだろうけど、何組か分からない・・・
病院に連れていくことになるかもしれないけれど、保険証がどこにあるのか分からない・・・

まさに小学校に着くというその時に前から見慣れた車が!
妻が娘を引き取って帰るところでした。
留守電を聞いて迎えに行ったそうです。
めでたし、めでたし。