月別アーカイブ: 2017年4月

ちっぽけな勇気

変なところで勇気が必要になるものです。
私の場合は、朝練の反動懸垂の前。
現在のメニュー。
15回→20秒レスト→15回→30秒レスト→25回→30秒レスト→15回

最初の15回+15回は問題ないのですが、調子が悪いと3回目の25回がこなせない。
調子は悪くなくても4回目の15回がこなせないことが多いです。
そんな時は、さらに30秒レストを取ってから10回やってお茶を濁す。

「こなせない」というのは「肉体的にかなりきつい」ということです。
「こなせない」というのは「自己嫌悪に陥る」ということです。

反動懸垂をやる前はいつも「こなせないんじゃないか」という恐怖との戦いです。
ここで必要になるのが「勇気」。
情けないほどちっぽけな勇気です。

GlocalMe購入

海外に行った時にまず行うのはSIMカードの購入です。
でも、真夜中に空港に着いたり、生徒の引率だったりでSIMカードを購入する時間が取れない時のためにGigSkyのSIMカードも使っていました。
これは世界中で使えるSIMカードです。
問題はデータ価格の高さ。
例えばアメリカだと250MBで3000円(1GBで6000円)もかかってしまいます。
さらにグアムで使えないのが痛かった。

ということで、グアムに行く前にGlocalMeというポケットWi-Fiを購入しました。
SIMカード「なし」で、日本も含め世界中で利用できるポケットWi-Fiです。
あらかじめプランを購入しておく必要があります。
(最初に1.1GBがサービスでついてきます)
プランは、「地域ごと」と「世界中」の2つ。
「地域ごと」は例えばアメリカなら300MBで720円(1GBで1440円)。
日本なら1GBで840円。
「世界中」は1GBで3600円(1年間有効)。

最初に1.1GBがサービスでついてきたので、実際に日本とグアムで使ってみました。
セッティングは、スマートフォンにGlocalMeアプリを入れてそのアプリとGlocalMeポケットWi-FiをQRコードでつなぐとOK。
まずは日本でつながるのを確認しました。
グアムに着いた後、電源を入れると数分の待ち時間で何もしなくてもつながりました。

GigSkyのSIMカードは「国ごと」にデータを購入する必要がありますが、GlocalMeは購入したデータを世界中で使えます。
安いし、余ったデータは無駄にならないし、何より国ごとに1回1回データを購入する手間が省けます。

問題は価格。
アマゾンで15,990円(1.1GBサービス)。
海外に行く機会が少ないなら、成田空港で海外Wi-Fiをレンタルした方が安上がりでしょう。
私は海外に行く機会はあまりありません。
でも、何の手間もなく世界中で利用できる便利さにロマンを感じ購入しました。

グアム旅行

3泊4日でグアムに行ってきました。
ハワイと迷ったのですが、4日間という日程を考えると無理。
たった4日ですから、時間を有効に使わなければなりません。
ESTA(グアムは不要)を取って、入国審査の待ち時間を短縮しました。
空港でレンタカーを借りて、送迎混載車を避けることで、他のツアー客を待つ時間を短縮しました。

往路は11時に成田を発って、現地時間15時過ぎに空港着。
ESTAとレンタカーが功を奏し、16時にはホテルにチェックイン。
復路は17:10発の飛行機を取ったので、15:00に空港に着けばOK。

4日といった短い日程でしたが、初日から最終日まで何とか余裕のある日程を確保することができました。

グアムと言ったら、バス停でしょ。