ガジェット」カテゴリーアーカイブ

電子書籍を出してみました

以前ヤフオクでMacBook Airを落とした話を書きました。
何ができるのかな、と調べていたら、iBooks Authorというアプリで電子書籍が制作せきるとのこと。
今年から生徒にはiPadを持たせています。
このiBook Authorで電子書籍を制作すれば、iBooks Storeを通して生徒に資料を配布できると思いました。
もちろん、生徒に資料を配布するのはPDFファイルでもいいのですが、ページ数が多くなると電子書籍形式にした方が目次が作れるので便利です。
電子書籍形式だと目次をタップするだけですぐにページに飛ぶことができます。
ということで、さっそくiBooks Authorを使って電子書籍を制作してみました。
制作自体は簡単でうまくいきました。

しかし...
電子書籍をiBooks Storeにアップロードしようする段で躓きました。
アップロードするためのiTunes Producerにサインインができません。
iTunes Connectにはきちんと個人情報を入れたのに...
何回やってみてもうまく行かず、iTunes Storeは諦めました。

ここで思いついたのがKindle。
KDP(Kindle Direct Publisher)のサイトから電子書籍をアップロードすることができます。
ただ、iBooks Storeは無料本を扱えるのに対し、Kindleは有料本のみの扱いです。
もちろん生徒に有料本の形で資料配布するわけにはいきません。
しかし、iBooks Storeで電子書籍を公開しようとしてうまく行かなかった私は、ここまできたらKindleで出版してみようとの気持ちになり、KDPを通して自作電子書籍を出版してみました。
なんと、Kindleは出版はとても簡単ですぐに出版することができました。
生徒が間違って購入しないように、念のためペンネームで出版したので、誰も見つけることはできないと思います(著者名で検索すると引っかかってしまう)。
今回は電子書籍の出版が目的ではなく、電子書籍の出版を試してみる、というのが目的です。
試してみてうまく行きました。
実際に購入することできました。
目的は達成できましたので、あと少ししたら削除しようと思っています。

AUひかり電話不通と原因

AUひかり電話を契約しています。
ある日、知人から「いつも不在だ」とのクレームがありました。
そんなはずはありません。
検証してみると「発信はできるのですが着信しない」といった状態でした。
携帯電話で自宅電話に電話してみると、携帯電話のほうでは呼び出し音は聞こえるのですが、自宅電話のほうでは何ら反応はありません。
着信しないのです。
思い当たる原因は雷による停電です。
すぐにKDDIお客様サービスに電話をしました。
(なかなかつながらない中、辛抱強くつながるのを待ちました)
KDDI担当者はとても丁寧な口調で症状を聞き「これを試してくれ」だとか「あれを試してくれ」と言ってくれます。
どれを試してもダメでしたが、最後に「携帯電話で自宅電話に電話して呼び出し音が鳴っているときに自宅電話の受話器を上げてつながるか試してみてください」と言われました。
その通りにすると不思議なことに「着信がないのに」つながりました。
着信はないがつながった旨を話すと、KDDI担当者は「おそらく電話機の故障でしょう。違う電話機で試してください」との返答。
たしかにその通りと思い、すぐにアマゾンで電話機を購入しました。

新しい電話機が届いたので、これをつないでみました。
するとまた同じ症状。
着信しません。
着信はしないのに受話器を上げるとつながります。
またKDDIお客様センターに電話をしました。
担当者に「新しい電話でも同じ症状なので電話機の故障ではない」と伝えると、「ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)の故障かもしれない。停電等で電気の流れが急に変わると、ホームゲートウェイ内の電話線をつなぐ回線だけが壊れてしまうことがある」とのことでした。
新しいホームゲートウェイを郵送するのでそれで試してみてください、とのこと。
分かりましたと伝え、新しいホームゲートウェイが郵送されるのを待つことにしました。

2日後に新しいホームゲートウェイが届きましたので、これに電話をつないでみました。
すると、電話は正常に機能しました。

インターネット回線はつながるし、電話の発信もできるのに、電話の着信のみができない。
着信しないのに受話器を上げると電話はつながっている。
こんな故障の仕方もあるのかと驚きました。

さて、残念なのは新しい電話を購入してしまったことです。
電話の故障ではなかったのですから、とても損した気分。
KDDIにとっては、今回の事例は非常に珍しいものでマニュアル化されていなかった、ということなのでしょうか?

アップルはケーブル症

アップルで必要なケーブルは3本。
・MagSafe2 ACアダプター(MacBook AirでなければUSB‐C)
・Lightningケーブル(iPhone, iPad)
・microUSBケーブル(ポケットWi-Fiやモバイルバッテリー用)
・(Apple Watchを使うならもう1本)

ちなみに、私の海外出張アイテムは以下の通りです。
・Yoga Book(仕事用)
・Androidタブレット(読書用)
・Androidスマートフォン
・ACアダプタ兼モバイルバッテリー
・ポケットWi-Fi
・デジタルカメラ
上記すべてを持ち歩いても、持っていくのはmicrUSBケーブル1本でいい。

MacBook Air(2017)購入

ヤフオクでMacBook Air(2017)を購入しました。
65,000円+送料1,023円=66,023円でした。
バッテリー充放電回数は29回で、2018年8月30日まで保証が残っています。
状態を考えると、お買い得だったのではと思っています。
AirはUSBメモリをそのまま挿せるのがいいですね。

ちなみに、Macbookを持っている知り合い(教育関係者)からは、よく「仕事では使えない」と言われていました。
私もやっぱり仕事ではWindowsだと思います。
Officeの存在は大きすぎる。
デジタル教科書なんかも、Windows版、もしくはiOS版というような感じです。

じゃあ、なんで買ったのか?
・・・玩具として・・・
高い玩具ですが、普段倹約しているのでまあいいかと。
早速いじりまくっています。
つくづく思うのは、手触りのよさ。
持っているだけで幸せな気分になれますね。

納得いかないのは、MagSafe2。
持ち歩くときはなるべく荷物を減らしたいものです。
なんでAppleの電源コネクタってLghtningだったり、USB-Cだったり、MagSafeだったりと3種類もあるんだろう?
モバイルって荷物はなるべく少なくしたい。
Appleの売りって、各デバイス間のシームレスな連携だと思うのだけど、このコネクタは統一できないものなのだろうか?

例えば、私はWindowsはYoga Bookを持っているし、Androidのスマホとタブレットを持っているけれども、どれもコネクタはすべてMicro USBで統一です。
持ち歩くときはケーブルは1本で済む。
Apple製品は持ち歩くのにケーブルが複数必要になってしまいます。
Appleって実はモバイルへの意識が低いのでは?

ところで、Officeについてはあまり困ってはいません。
例えば、PagesをWordで書き出すなんてこともできますし、完全な互換性を求めるならば、One Driveの中でWeb版のOfficeを使えばいいわけです。

学校でのタブレットの利点

本校ではタブレットが導入されました。
第5世代iPadです。
前回、これについて以下のように書きました。

手書きとキーボードがなければ、iPadは「消費用端末」に過ぎず、「生産用端末」としては今一つであると感じます。

ここで思うのは「だったらWindows PCでいいじゃん?!」ということになります。
ちなみに学校にくる営業職の人を観察してみると、Windows PCを持ち歩いていることが圧倒的に多い。
では、タブレットの利点は何だろう?と考えてみました。

1.アプリの利用が気軽である。
2.画面を共有しやすい。
3.持ちやすい。

アプリについては言わずもがな。
Windowsのアプリは悲惨です。
「画面を共有しやすい」と「持ちやすい」については面談では実感しています。
生徒に勧める大学をパッと検索してパッと生徒に手渡して見せることができる。
これらは消費用端末としてのメリットです。

ところで、納得がいかないのは、教科書。
各社「デジタル教科書」を作っていますが、中身は同じでも「紙の教科書」でないと「検定教科書」とはならない。
生徒の荷物を減らそうと「デジタル教科書」を導入しようにも、全く同じ内容の「紙の教科書(検定教科書)」も購入しなければなりません。
国はICT教育を推進していくとのことですが、なぜデジタル教科書を認めないのでしょうか?