修行日記」カテゴリーアーカイブ

膝が痛い

6月からずっと膝が痛い。
歩くのにも支障が出てきたので、接骨院に行ってみました。
(整形外科はレントゲンを撮って骨に異常がなければ全く相手にしてくれませんので)
大腿四頭筋がめちゃくちゃ張っていると驚かれてしまいました。
膝周辺も腫れています。
オーバーユースです。
使いすぎた意識はないのだけれど、長年の疲労が今出てきたのでしょう。
電気を当てて、アイシングをして、マッサージをしてもらったら、足がかなり軽くなりました。
接骨院てすごい。
ただし、接骨院はこのケースでは保険が適用されません。
整形外科よりも身近で、技術もあるし、実際に苦痛が軽減されるのに・・・
まあ、日本の医療保険制度は火の車なのですからしょうがないか。

足が軽くなったので道場で思いっきり動いてみました。
気持ちいい。
でも次の日にきました。
痛くて、また歩くのにも支障が出る始末。
今度は整形外科に行ってみました。
やはり、レントゲンを撮って骨に異常がないと分かればそれで終わり。
しかし、驚いたのは薬の効果。
痛み止めをもらったのですが、これがすごく効く。
現代医療ってすごい。

接骨院も整形外科も「やっぱりプロはすごい」と再認識させてくれました。

現在の朝練メニュー

<1日目>
反動懸垂10回
上段直蹴り左右10回ずつ
反動懸垂15回
上段回し蹴り左右10回ずつ
反動懸垂15回
上段かけ蹴り左右10回ずつ
反動懸垂15回
転身の練習
反動懸垂15回
型左右1回ずつ
・天地拳第1~第6
反動懸垂15回
型左右1回ずつ
・義和拳第1
・義和拳第2
・白蓮拳第1
・紅卍拳
・龍王拳第1
・龍の型
反動懸垂15回
上段突き左右500回
反動懸垂15回
上段突き左右300回
反動懸垂15回
上段突き左右300回
内受け突き左右10回ずつ
外受け突き左右10回ずつ
前体重上中二連突き左右10回ずつ
反動懸垂15回
走りながら上段120連突き
10連移動突き左右5回ずつ

<2日目>
立ち木突き
・左拳250回✖2
・右拳150回
立ち木下段蹴り左右50回ずつ
上段直蹴り左右10回ずつ
上段回し蹴り左右10回ずつ
上段かけ蹴り左右10回ずつ
上段突き左右1100回
内受け突き左右10回ずつ
外受け突き左右10回ずつ
前体重上中二連突き左右10回ずつ
型左右1回ずつ
・天地拳第1~第6
・義和拳第1
・義和拳第2
・白蓮拳第1
・紅卍拳
・龍王拳第1
・龍の型
10連移動突き左右5回ずつ

<3日目>
ジョグ 9km

上記1日目~3日目の繰り返し。

練習場所変遷

いつも練習している公園に工事が入りました。
反動懸垂をしていた鉄棒も撤去され、突き蹴りをしていた木も伐採されてしまいました。
練習場所を変えました。
近くの公園に高鉄棒はないのですが、幸運なことに大人用のうんていがありました。
今はこの大人用うんていで反動懸垂をしています。

今までにも練習場所は変わってきました。
学生時代:夜中に大学校舎の最上階に忍び込んで。
フリーター時代:夜中に公園で。
就職してから:早朝に格技場で。
結婚してから:早朝に近くの小学校の校庭で。
小学校が移築してから:近くの公園で。
そして、公園に工事が入ったのが今回です。

練習場所が変わるたびにメニューも変わります。
練習場所が変わるたびにメニューを再考するということを考慮すると練習場所が変わるのも悪いことではないのかもしれません。

練習場所を変えました

朝練でいつもの公園に行きました。
今日は反動懸垂の日です。
公園に着くと目を疑いました。
遊具が撤去されている?!
反動懸垂ができない・・・

近くの小学校の校庭に高鉄棒があることを思い出して向かいました。
高鉄棒にぶら下がると足が着いてしまう・・・

車を走らせ、近所の公園を回りました。
一つ目の公園の遊具はダメ。
二つ目の公園で大人用のうんていを見つけました。
ぶら下がってみると何とか懸垂ができそうです。
ここまでに時間を使ってしまったので、今朝の朝練は反動懸垂を10回✕5で終わりにしました。

ルーティーン化の危険性

少林寺拳法指導者講習会に参加しました。
朝練をやっているので体力には自信がありましたが疲れた。
特に足に来ました。
いつもと違うメンバーでいつもと違う練習だからでしょう。

『はじめの一歩』の鴨川会長の言葉を思い出しました。
「キサマらを強くするのは毎日の積み重ねじゃ。じゃが逆もまた然り!毎日 の積み重ねがキサマらを弱くする!」

物事を継続するには「ルーティーン化」が有効だと思います。
時間と場所とやることを決めてしまう。
一方で、ルーティーン化は「慣れ」といった危険もあります。
鴨川会長の言葉はこの危険性を指摘しているものだと思います。

今回の指導者講習会で足に来てしまった。
うまい人も何人もいました。
今までの自分の練習を反省しました。

まずは、スクワットをメニューに入れなければと思いました。