修行日記」カテゴリーアーカイブ

朝練の時間

ほんのわずかですが春休みです。
出勤時間も融通がききます。
しかし、練習時間は変えません。
朝4時30分ごろ起床し家を出ます。
遅い時間にしないのは、人に会わないようにするため。
公園で突き蹴りをしている人がいたら変でしょう?

人に会わないのは夜よりも朝。
夜の公園には意外と人が来るものです。
夜は街灯が点いているものですが、朝は街灯は消えています。

早朝の公園は暗くて静かです。
秋は「パキパキ」という音が聞こえてきます。
最初は何の音だろう?と思いましたが、落ち葉が木の枝から取れる音でした。
落ち葉が木の枝から離れる時って音が鳴るなんて知りませんでした。

早朝の公園は暗くて静かです。
誰にも見られないように突き蹴りの練習をするにはもってこい。
夜は街灯が点いているものですが、朝は街灯は消えているものです。
ただし、今の時期は例外。

桜祭りの屋台の灯りが早朝でも点いています。
人っ子一人いない屋台が珍しくて写真を撮りました。

現在の朝練メニュー

現在の朝練のメニュー
<1日目>
反動懸垂 15回
上段直蹴り 左右10回ずつ
反動懸垂 20回
上段回し蹴り 左右10回ずつ
上段かけ蹴り 左右10回ずつ
反動懸垂 20回
転身の練習
反動懸垂 20回
転身の練習
反動懸垂 20回
型左右1回ずつ
・天地拳第1~第6
・義和拳第1
・義和拳第2
・白蓮拳第1
・紅卍拳
・龍王拳第1
・龍の型
反動懸垂 20回
上段突き 左右500回
反動懸垂 20回
上段突き 左右300回
反動懸垂 15回
上段突き 左右300回
内受け突き 左右10回ずつ
外受け突き 左右10回ずつ
前体重上中二連突き 左右10回ずつ
走りながら上段連突き 左右60ずつ✖2回

<2日目>
立ち木突き 左拳250回 右拳150回
立ち木下段蹴り 左右50回ずつ
上段直蹴り 左右10回ずつ
上段回し蹴り 左右10回ずつ
上段かけ蹴り 左右10回ずつ
上段突き 左右1100回
内受け突き 左右10回ずつ
外受け突き 左右10回ずつ
前体重上中二連突き 左右10回ずつ

<3日目>
ジョグ 9km

間違った筋トレ?

反動懸垂をしています。
しかし、筋トレの反動はチートと言われやってはいけないといった意見も耳にします。
反動をつけると狙った筋肉だけに負荷をかけることはできないというものです。
しかし、私はこの意見に疑問を持っています。

反動を用いることで全身の筋肉を連動をさせることができます。
実際の運動は様々な筋肉を連動させて行われます。
私は「単独の筋肉の運動を身体に浸み込ませる」というのが理解できません。

反動を用いることで少ない力で行うことができます。
大きな負荷のかかる運動を少ない力で行うっていうのが実践的だと思っています。

反動を用いることで多くの回数をこなすことができます。
多くの回数をこなせば心肺機能も高まると思います。

トレーニングには目的があります。
筋肥大を目指すには、反動を使わないで高負荷を少ない回数で行うというのが正解なのかもしれません。
しかし、筋トレの目的は筋肥大だけではないはずです。
ちなみに、反動懸垂は現在は、「15+15+20+15+20+20+20+20+15=160回」やっています。

自撮りに挑戦

教え子から「友達(こちらも教え子)が結婚するので動画を送ってほしい」との依頼がありました。
様々な関係者に動画を依頼して、つなぎ合わせて、一つの動画を作るそうです。
私への依頼は「3秒から5秒間の少林寺拳法」でした。

空き時間に空き教室で自撮りに挑戦することにしました。
三脚を立ててカメラを固定して、道着に着替えていざ撮影。

撮影後、ついでに自分の「突き」も撮ってみました。

普通の「突き」のあとに、編集でスローにしてみました。
右拳だと力んでしまうので、左拳です。
でも力みが取れません。
なかなか脱力しては突けないものです。
反省し改善していきたいと思います。

練習記録

少林寺拳法の朝練をしています。
続ける手段として練習記録をつけ始めました。
今日で80回目。
ただ、練習内容を記載するだけです。
学生時代は水泳部だったのですが、当時は「ノート」に練習メニューを書いていました。
今回の練記録は、ブログです。
朝練後にブログに練習内容をアップ。
このブログのURLは誰も知りません。
読者は私一人。

手帳ダイエットという言葉を聞いたことがあります。
食べたものを手帳に記していくだけ。
これだけで、「何を食べるか」を意識するようになって、結果としてダイエットにつながるそうです。
今回つけ始めた練習記録も同じような効果を狙っています。

ただ、現在のメニューは3パターンしかなく、これをローテーションで行っているので、記入といってもただのコピー&ペーストです。