旅行」カテゴリーアーカイブ

台湾旅行2018

8月10日(金)~8月13日(月)まで、山の日と日曜日を利用して台湾に行ってきました。
初日は仕事を午前中で終わらせて成田空港へ、そしてホテルに着いたのは22:30。
最終日は朝9:00にホテルを出発といった、中2日の弾丸旅行でした。
今回は家族旅行でしたが、子供たちは台湾観光に興味を示さず・・・
結局、訪問したのは、故宮博物館と龍山寺と九份だけでした。

故宮博物館は混雑を予想していましたが、夕方に行くと団体客も少なく、落ち着いて見ることができました(子供は展示物に興味なし)。

龍山寺は家族をホテルに残して、朝6時30分から見学。
地元の人がお経を唱えながら境内をぐるぐる回っている様は感動的でした。

九份は家族皆が行きたかった場所。
一人旅だったら電車とバスを乗り継いでいくのだけれど、「疲れた」だの「暑い」だの文句を言われることが予想できたので、タクシーをチャーターしました。


九份遠景


阿妹茶楼でお茶を飲みながら、明かりが点灯するのを待ちました。


明かりが点灯しました。大混雑です。

帰りに、台北市内の吉利字画に寄って花文字を描いてもらいました。

竜だとか小鳥だとかの絵で線を描き、文字を描いてくれます。

なかなか連続した休暇が取れないので、毎回近場の弾丸旅行になってしまいます。
せめて1週間でも連続で休みが取れればヨーロッパに行ってみたい。

静岡文化芸術大学視察

静岡文化芸術大学に視察に行きました。
浜松駅について、道を尋ねたところ「ああ、芸術大ですね」との返答が。
地元では「芸術大」と呼ばれているようです。


隣に、教会がありました。
(あとで検索してみたら、教会ではなく結婚式場のようです。)

予定は「14時に入試室」だったのですが、12時前に到着して学内を見て回りました。
校舎は、コンクリート打ちっぱなしのお洒落な建築物です。

校庭はありませんが、2階に中庭があります。

この先に、芝生の広場があります。

この後、学食で昼食をいただき、学生ホールでカフェラテを飲みながら時間をつぶしました。
ちなみに、カフェがあるのではなく、購買で買ったカフェラテです。

驚いたのは、学生が真面目に見えるということ。
染髪している学生はほとんど見当たりません。
洋服も地味。
地方の公立大学ってこんな感じなのか。
好感が持てます。

14時に入試室を訪問し、一通り、お話を伺いました。
・学生と教授の関係が近く、アットホームである。
・学生が「こんなことをしたい」というと、それを実現できるように尽力する。
・フィールドワークを重視している。
その他にも、いろいろとありましたが、どの学科にも共通しているのはこんなところでした。
職員もとても感じのいい方でした。

グアム旅行

3泊4日でグアムに行ってきました。
ハワイと迷ったのですが、4日間という日程を考えると無理。
たった4日ですから、時間を有効に使わなければなりません。
ESTA(グアムは不要)を取って、入国審査の待ち時間を短縮しました。
空港でレンタカーを借りて、送迎混載車を避けることで、他のツアー客を待つ時間を短縮しました。

往路は11時に成田を発って、現地時間15時過ぎに空港着。
ESTAとレンタカーが功を奏し、16時にはホテルにチェックイン。
復路は17:10発の飛行機を取ったので、15:00に空港に着けばOK。

4日といった短い日程でしたが、初日から最終日まで何とか余裕のある日程を確保することができました。

グアムと言ったら、バス停でしょ。

 

毎日がリゾート気分?

家族に「ハワイに連れていけ」とせがまれています。
しかし、私としては魅力を感じない。
素晴らしいところだというのはよく耳にしますし、行ったこともないのに何が分かるんだと叱責されそうですが・・・

そもそもリゾートには魅力を感じません。
なぜなんだろうと自問してみました。
考えてみた結果、「毎日がリゾート」という答えに至りました。

田舎に住んでいます。
近くに海もあります。
空気もきれいです。
空も広い。
休日ゆっくりと本を読んで過ごすなんて普段の生活でできてしまう。

リゾートに今一つ魅力を感じないのは、きっと「海」も「新鮮な空気」も「広い空」も「日常」だからなのかもしれません。

旅では非日常を味わいたい。
現実から離れたい。

私はリゾートよりもおしゃれな街や歴史のある街を歩く方が好みです。

毒素原性大腸菌

前回の投稿で、マレーシア旅行後、「ずっと腹の調子が悪かった」と書きました。
実はその時、病院に行って診てもらっていました。
病院では、吐き気も熱もないので問題ないということでしたが、海外旅行の後だったので一応検査をすることになりました。

さて、その結果が返ってきました。
結果は「毒素原性大腸菌」。
ネットで調べてみると、東南アジア旅行の後に腹を壊す原因の多くがこの大腸菌だということです。
腹の不調の原因は、疲労ではなく感染でした。

今回のことで一番大変だったのは家族の目。

家族を置いて旅行に行って感染症にかかって帰国。

このバツの悪さは既婚者にしか分からないでしょう。