生活日記」カテゴリーアーカイブ

休養日

春はなんだか疲れます。
気温が上がって、身体が活発になってくるからだと聞いたことがあります。
新しい生活も始まり、そろそろ身体がきつくなってきました。
ということで、本日は朝練はサボってしまいました。
昼寝もたっぷり。
夕方は自転車で本屋へ。
疲労を抜くのに徹した1日でした。

父は罰ゲーム

小6の娘の卒業式と新高1の息子の新入生招集日が重なってしまいました。
妻と分担で出席することにしました。
分担は、妻は息子の新入生招集日、私は娘の卒業式。
妻曰く、私が新入生招集日に行くのは信用できない、とのこと。
どうせちゃんと話を聞かないだろうから、ということでした。
卒業式は「ただその場にいればいい」。

大反対したのは娘です。
洋服を買ってあげるから、と何とか説得し、私が卒業式に行くのを納得してもらいました。
さて、いざ卒業式に行きました。
目が合うと睨まれます。
親子で花道を歩くイベントがあるのですが、「もっと離れて」と言われる始末。
とどめは「先に帰って」。
一緒に歩きたくないようです。
一人で卒業式を後にしました。

娘が小さい時、歯磨きの仕上げの最中に妻が言っていた言葉を思い出しました。
「ちゃんと口を開けなさい。ちゃんと開けないととお父さんにやってもらうよ」

父親って罰ゲーム?

小学校お迎え体験?

昼過ぎに娘の小学校から電話がかかってきました。
娘の調子が悪いので迎えに来てほしいとのことです。
妻に電話してもつながらないので私にかけてきたとのことでした。
今は高校3年生の担任ですので生徒は自由投稿です。
(今日も何人も受験に行っています)
授業はありませんので、小学校に娘を迎えに行きました。

さて、迎えに行く車の中で困ったことに気づきました。
(今日は道場に行く日でたまたま車通勤)
職員室で「〇年〇組の○○の父です」って言うことになるのだろうけど、何組か分からない・・・
病院に連れていくことになるかもしれないけれど、保険証がどこにあるのか分からない・・・

まさに小学校に着くというその時に前から見慣れた車が!
妻が娘を引き取って帰るところでした。
留守電を聞いて迎えに行ったそうです。
めでたし、めでたし。

雪の出勤

天気予報では明朝は雪。
もし積もっていたら車通勤は避けたい。
以前、雪の中を自転車で通勤したこともありますが、フェンダーとタイヤの間に雪が挟まって進まないし、電線から雪の塊は落ちてくるしで大変な目にあいました。

さて明朝の出勤はどうしよう?
と思っていたら、閃いた。

歩けばいいじゃん!
たった8kmです。

と、ここでまた閃いた。
電車があるじゃん!
田舎に住んでいると電車という選択肢はついつい忘れてしまうものですね。

無様な通勤ラン

久しぶりにジョギングで通勤しました。
ちょっとまだ暑いですね。
いい大人がTシャツ1枚でジョギング。
ちょっと恥ずかしいですね。

出勤は快適。
職場についてあともポカポカ体が温まって気持ちがいい。

退勤が疲れた。

朝練で9km走っています。
ジョギング通勤をすると計15kmほど。
身体が9kmに慣れてしまっていた。
帰りは足が重い、腰が重い、身体が重い。
「なんて無様なんだ」と思いながら走っていました。