Galaxy tab S8.4ご臨終

ヤフオクでタブレットを買いました。
SC-03G(Galaxy Tab S8.4)購入
しかし、2か月ほどたち、バッテリーが急に減るようになってしまいました。
機内モードにしていても、どんどんバッテリーが減っていきます。

バッテリーは内蔵式ですので、ドコモにバッテリー交換をお願いしに行きました。
ドコモはすごく混んでいて、予約をしたのに30分待ちでした。
予約をしていないであろう客からは「もう2時間も待っている」なんて声が聞こえてきました。
ちなみに、iPhone新規受付カウンターは2つあったのですが、客はおらず、店員は暇そうに見えました(あくまでも、見えただけ)。
このカウンターを開放すればいいのに、と思いましたが、きっと「現在の客より新規の客を大事にする」という方針なのでしょう。

さて、提示された費用は、49,200円。
内訳は、バッテリー44,100円+作業料5,100円。
高すぎる。
アマゾンで新品を買ってもおつりがくる。
もちろん、断って、自分でバッテリー交換をすることにしました。

アマゾンでバッテリーを購入しました。
1,900円。
工具が付いてきましたので、裏蓋をベリベリとはがします。
裏蓋が取れました。バッテリー交換自体は10分もかからずに終了しました。
不安な気持ちで電源を入れました。
全く問題なく起動しました。

しかし、やはりバッテリーの減りが速い。
最初は、バッテリーの性能を疑いました。
しかし、電源を切っていてもバッテリーはどんどん減っていきます。
自然漏電です。

バッテリーの問題ではなく故障だったんだ。
当然保証なんてないし、自分で修理する技術もありません。
Galaxy tab S8.4はあきらめました。

UQ mobile解約

低速でも300kbpsといった言葉に騙されました。
低速200kbspのDMM mobileよりも遅い。
しかも、3G回線を使えないからか、建物の中では電波状況がすこぶる悪い(田舎)。
結局、解約しました。

UQ mobileのSIMパッケージ費用、月額利用料、ルータ購入費用が無駄になりましたが、つながらない回線を持っていてもしょうがない。

さらに不満だったのは、ネットでは解約できないこと。
電話しなければなりません。
「お客さまセンターに電話」っていうのは「待たされるのが常」なものです。
(実際には、朝9:00に電話して全く待たされませんでした。でも、電話で解約というのは心理的なハードルは上がります。)

解約は月末ではなく、電話した日です。
でも、自分の仕事の都合で電話ができない日もある。
解約したいときではなく、自分の仕事の都合のつくときにしか電話できない。
電話で解約って、実は「都合のいいタイミングで解約できない」ということです。

いい勉強になりました。

自分専用Wi-Fi環境構築後悔

職場に、自分専用Wi-Fi環境を作りました。
いくつか、後悔(失敗)がありましたので、ここに記したいと思います。

後悔は、UQ mobileを選んでしまったこと。
低速でも300kbpsという数字に騙されました。
実は、DMM mobileも同時に契約していました。
DMM mobileの低速は200kbps。
でも、DMM mobileのほうが速かった。

それでも、UQ mobileを選んでしまったのは、Wi-Fiルータ W03を買ってしまったから。
このルータ代を無駄にしたくなかった。

実はこのルータW03を購入する際にも失敗しています。
最初にWX03を購入してしまった。
WiMAX端末ですし、SIMカードも挿せるのですから、当然UQ mobileも利用できると思っていました。
しかし、どうやらUQ mobileのSIMは認識しないようです。
結局、WX03は無駄に。

こういった経緯で購入したW03ですので、これは無駄にしたくなかった。
UQ mobileの低速300kbpsがこんなに遅いとは思ってもみませんでした。
DMM mobileの低速200kbpsのほうがずっと速い。
さらに、UQ mobileは電波が悪い。
私の職場では電波状況はとても悪いです。
UQ mobileからDMM mobileに変更することを検討し始めました。

【DMM mobile費用】
新規契約手数料:無料
初期費用:394円(新規契約手数料を無料とうたっていて、なぜ?)
月額:500円
SIMカード返却切手代:82円
計:976円
キャンペーンで、AMAZONギフト券1,000円分が提供されたので、結局+24円。

自分専用WiFi環境

個人的に職場にデジタル環境を持ち込もうとしています。
机の上も、なるべく紙を置かないように心がけています。
大事な書類はPDF化。
なるべく紙は捨てる。
自宅にあった4台のタブレットも2台を除いて職場に移しました。
事務用と授業用です。
タブレットを職場に移すと同時に、自分専用Wi-Fiが欲しくなりました。
私の職場はいまだにネット有線接続です。
ということで、格安SIMを契約してモバイルルーターで運用することにしました。

採用したのは、UQモバイル。
3GB/980円のプランです。
今月は低速にして、3GBを繰り越せば、次の月から残高は6GB。
しかも、低速も300kbpsですので、低速でも動画を見なければ我慢できる。
低速だと無制限というのがいい。

amazonで、中古のモバイルルータを手に入れました。
WO3です。
3,380円。
UQモバイルのデータ通信3GBのプランを契約しました。
980円+税/月
これで、自分専用Wi-Fi環境(低速だと無制限)を手に入れました。

ただ、冷静になってみると、所有しているタブレットはすべてLTE仕様でSIMカードを差しているので、実はWi-Fi環境など不要。
冷静になってみると、なんで自分は、Wi-Fi環境が欲しかったのだろう?
本当に無駄な自己満足でした。

反動懸垂がモノになってきました

およそ3か月前に反動懸垂の回数を2倍にしました。
15回→20秒レスト→15回→30秒レスト→17回→上段突き1100回

いまは、
15回→20秒レスト→15回→30秒レスト→20回→30秒レスト→12回→上段突き500回
→18回→上段突き300回→17回→上段突き300回

最近、やっと手の平のマメが剥がれなくなってきました。
最近、やっと「できないんじゃないか」といった不安がなくなってきました。
3か月かかった。

前回、左拳中段直突きに少し満足といった記事を書きました。
反動懸垂の合間に上段突きを入れたのもいいのかもしれません。
筋力がついて、尚且つ、力が入らない状態で上段突きをしています。

中段突きをすることで、腰が落ちて下半身の力が伝わる。
立ち木突きで体重を伝える感覚を覚える。
問題は止まっている的にしか当たらないことです。
まだまだ修行は続きます。