優しい飼い主

昨夜、自転車での帰宅途中、犬を散歩させているお婆さんがいました。
街灯もない暗い道です。
お婆さんは路側帯を歩いていて、犬は路側帯から外れた草むらを歩いていました。
自転車で後ろから迫る私。
違和感を感じたのは、お婆さんの持つ懐中電灯の先でした。
お婆さんは自分の足元ではなく、犬の足元を照らしています。
優しい飼い主だなと思うと同時に疑問点も生まれました。

犬って嗅覚が発達しているから、夜道でも灯りはいらないんじゃないの?

でも、世話をするってこういうことだと思います。
理屈じゃない。

ほのぼのとした優しい気持ちになると同時に、自分の冷静な思考に満足した帰り道でした。