やっぱり利き手?

前回の投稿「会心の一撃」では、右拳で突きました。
突いた後に、「いざとなったらやっぱり利き手か・・・」と軽くショックを受けました。
朝練で主に鍛えているのは左拳。
鍛えている左拳ではなく、鍛えていない右拳で突いてしまった。

以前、柔道経験者と練習した時に、利き手を前にした方がいいと思いました。
利き手が前のほうが精度が上がる。
右拳前だと、止めの逆突きは左拳になります。
ということで、立ち木突きは左拳をメインにしています。

しかし、いざとなると、右拳で突いていた。
利き手の影響力を思い知らされました。

修行というのは、「本能を発揮させること」なのか、それとも「本能を抑え込むこと」なのか?
新たな謎が生まれました。