今年度担当クラス

始業式でした。
晴れやかな日のはずですが、一つ心が痛むことが...
あるクラスを担当することができなかったことです。
担当できるクラス数には限りがあります。
もちろん、担当するクラスを自分で選ぶことなどできません。
今年度は、高1,高2と担当してきたクラスの一つを担当することができませんでした。
まるで責任を放棄してしまったようで申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、一回でも担当したクラスには教師は責任感を感じるものです。
責任を放棄したのではないということを理解してもらえたらと思います。