鍼灸体験

背中の右側、背骨と肩甲骨の間が痛い。
鍼灸に行ってきました。
鍼灸師は背中を見るなり
「これはすごい。何したの?」
と言います。
右側だけ強い筋肉痛の状態で、筋肉が凝り固まっているそうです。
なんでも、首からまっすぐに下りてきている筋肉で、ストレッチが効かないところらしい。
身体の内側から治すしかないと言われました。
アミノ酸を摂るといいそうです。

とりあえず鍼灸をしてもらいました。
鍼と言っても痛くはありません。
鍼をさして、その鍼に電気を流します。
電気が流れるたびに筋肉がピクッと動きます。
この姿勢で放っておかれました。

次に灸。
これは電気でピンポイントで温めるだけ。
これも、電気が流れるたびに筋肉がピクッと動きます。
この姿勢でしばらく放っておかれました。

ツボではなく、患部に直接、刺激を与えます。
鍼灸っていうと、神秘的なイメージがありますが、要は電気刺激で筋肉をリラックスさせるだけですね。

しきりに、「なぜこうなったのか?」と訊かれましたが、心当たりはありません。
原因不明とは困ったものです。