リペアムゲル前輪が裂けた

タイヤにリペアムゲルを入れてノーパンク仕様にしています。
パンクの不安から解消されるだけでなく、空気入れの手間からも解放されて快適です。
ノーパンクタイヤに変える際に、タイヤを700✕32Cから700✕23Cに変えました。
空気ではなくリペアムゲルと入れるということで重量増になってしまう。
リペアムゲルを入れる容積は少ない方がいいと思ったからです。

3か月程で、後輪のタイヤが裂けてリペアムゲルが漏れてきました。
その時の話は、ノーパンクタイヤ・トラブル に載せました。
自転車屋に相談したところ、23Cというのは弱すぎるということでした。
後輪は25Cにしました。
1年経ちますが快適です。

さて、今度は前輪のタイヤが裂けてきました。
前輪は23Cのままだったのです。
すぐに自転車屋に持っていき25Cに変えてもらいました。
費用は「タイヤ代+チューブ代+リペアムゲル注入代」で5,800円。
リペアムゲルについては、再利用するとのことで注入代のみということでした。
思っていたよりも安く済んでよかった。

秋から冬にかけて自転車が一番楽しい時期。
通勤で楽しめるなんて、人生得した気分になる秋です。