好きなことでもキツイ

「好きなこと」はいつの間にか継続してしまうので、努力を意識することなく向上する、なんてことを耳にしたことがあります。
ゲームが好きな子供は1日中ゲームをしていても飽きることがない、という理論です。
本当でしょうか?
この理論に異を唱えると、「いや、途中で止めるようなら本当に好きなわけではないのだ」といった声が聞こえてきそうです。

私はこの理論に疑問を持っています。
どんなに好きなことでも、「自分の能力以上の段階に上がってレベルを落とさないように継続する」となると、きつい面が出てくるのではないかと思っています。
「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、好きだからレベルが上がる。
でもレベルが上がると、いくら好きでもキツくなってくるのではないでしょうか?

昨年、反動懸垂の数を2倍にしました。
キツイ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018