間違った筋トレ?

反動懸垂をしています。
しかし、筋トレの反動はチートと言われやってはいけないといった意見も耳にします。
反動をつけると狙った筋肉だけに負荷をかけることはできないというものです。
しかし、私はこの意見に疑問を持っています。

反動を用いることで全身の筋肉を連動をさせることができます。
実際の運動は様々な筋肉を連動させて行われます。
私は「単独の筋肉の運動を身体に浸み込ませる」というのが理解できません。

反動を用いることで少ない力で行うことができます。
大きな負荷のかかる運動を少ない力で行うっていうのが実践的だと思っています。

反動を用いることで多くの回数をこなすことができます。
多くの回数をこなせば心肺機能も高まると思います。

トレーニングには目的があります。
筋肥大を目指すには、反動を使わないで高負荷を少ない回数で行うというのが正解なのかもしれません。
しかし、筋トレの目的は筋肥大だけではないはずです。
ちなみに、反動懸垂は現在は、「15+15+20+15+20+20+20+20+15=160回」やっています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018