反動懸垂効用

反動懸垂をやっています。
反動をつけることで回数をこなすことができますので、心肺によくききます。

反動をつけるというのは、同時に反動を抑えることでもあります。
反動を抑えないと身体が揺れすぎて懸垂はできません。
反動を抑えることは体幹を鍛えるのに効果的だと思っています。

道場での練習中、相手の突きが怖くないことに気づきました。
体幹がしっかりしてくると、小さい動きで受けることがことができます。
小さい動きで受けられるということは、反応が遅れても間に合うということです。
道場で練習するたびに反動懸垂の効用を実感します。

一方で、「力に頼っている」と注意されることも多い。
私自身、「技」ではなく「力」に頼っているというのは自覚しています。

武道をやる以上、「高齢でも強い」というのに憧れる人は多いと思いますが、私もそのうちの一人です。
いつまでも「力」に頼ってばかりいるのではなく、「技」も磨かなければと思っています。
しかし、いろいろな効果を実感すると反動懸垂は止められません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019