アプリ制作

MacBookの使い道がありません。
自宅にも職場にもWindows PCがあり、仕事はこれで事足ります。
本校は1人1台iPadを実現しているのですが、iPadで使っているアプリはMacBookには対応していません(タッチパネル操作とキーボード操作の違いもあります)。
ということで、MacBookの使い道がありません。
しかし、せっかくMacBook(12インチ)を持っているのですから活用しないともったいないと思い、MacBookでしかできないことに挑戦しました。
MacBookでしかできなことはiOS用のアプリ開発です。
実は昨年の夏に作ってみたのですが1年遅れのこのタイミングで掲載します。
制作したアプリは「生徒指名アプリ」です。
授業で生徒を指す時には「同じ生徒ばかり指さないように」と気を遣うものです。
この気遣いを不要にするために「無作為に出席番号を表示するアプリ」を作ってみました。
ただし、デベロッパーに登録するには年会費が12,980円(税込)もかかってしまうので、個人で楽しむだけになっています。
iPhone画面の右下のアプリです。
在籍数を入力した後に[WhoNext?]をタップすると数字がランダムで現れます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021