投稿者「eknight」のアーカイブ

Chromebookと時流

先月のことですが、Chromebookを購入しました。
2年前に、SamsungのChromebookを購入していたのですが、その後売ってしまっていたのです。売ってしまった理由は「使わなかったから」。
私の用途ではChromebookでできることは、Chromeブラウザを使えば、WindowsでもMacでもできてしまうのです。
要は、私の生活スタイルではWindowsやMacがあればChromebookは不要だったのです。

では、なぜまた購入したのかというと、GIGAスクールでChromebookを使う学校が多いということを知り、「時流に乗らなければならない」と思ったからです。
現在の多くの中学生がChromebookを使っているということになると、10年後の社会に出る若者はWindowsよりもChromebookに慣れているということになりかねません。
ワープロソフト一太郎がWordにその席を譲ったように、WordがGoogleドキュメントに置き換わっているかもしれません。

実際に私もMicrosoftやAppleのサービスではなくGoogleサービスを使うことが多くなってきています。
Office365は有料ですし、iCloudはAndroidでは使えません。
一方、Googleサービスは端末、OSを問わずに使えます。
もちろん、Googleサービスは端末もOSも問わないということは、Chromebookの必然性を薄めているのですが、時流に乗るというのも必要だと思っています。

さて、私が購入したのは、ASUSのChromebook Detachable CM3(https://www.asus.com/jp/Laptops/For-Home/Chromebook/ASUS-Chromebook-Detachable-CM3-CM3000/)。
安いだけあって、動きはもっさり。
よく、ChromebookはGoogle Playストアが使えるのでAndroidタブレットの代わりになるといった意見も目にしますが、Androidタブレットの方が軽いし、SIMカードは刺さるし、サクサク動きます。

タブレットとしてはAndroidやiPadの方がはるかに優秀だと思いますし、パソコンとしてはWindowsやMacの方がはるかに優秀だと思いますが、時流に乗るという意味ではChromebookを使っていくのも必要なことだと思っています。

MacBook ガラスコーティング

MacBook 12インチの液晶画面をガラスコーティングしました。
お願いしたのは、ガラスコーティング専門店Glationです。
費用は5,500円(税込み)でした。
当初はドコモショップが提供しているハルトコーティングにしようと思ったのですが、パソコンには対応していないとのことで、Glationにお願いしました。

ガラスコーティングに興味を持ったきっかけは、職場へのiPad納入業者決定のプレゼンで「+2,000円でガラスコーティングをしますよ」という業者があったからです。
この時初めて、ガラスコーティングを知りました。
ガラスコーティングについて調べてみると傷がつきにくくなるだとか汚れがつきにくくなるとあります。

私自身、業務で使っているiPadの指紋の汚れについてはどうにかならないものかと思っていました。
ZOOMの画面共有方式ででWeb授業をしていた時は、iPadの画面に飛沫がつくのをどうにかならないかと思っていました。
こういった問題の解決策としてガラスフィルムを貼りました。
ガラスフィルムを貼ると、指紋汚れなんかも落ちやすくなりますね。

さて、ガラスコーティングに興味をもったのですが、iPadにはすでにガラスフィルムを貼ってしまっています。
これを剥がすのも気が引けたので、MacBookの液晶画面に施工してもらうことにしました。
MacBook 12インチを使用していますが、液晶画面の黒いベゼル部分(MacBookは液晶画面にベゼルがある)に触れることが多く、ここにつく皮脂汚れが気になっていたからです。
液晶画面の皮脂汚れは拭いても伸びるだけで、なかなか拭き取れないものです。
施工の結果は、皮脂汚れが明らかに拭き取りやすくなりました。

液晶画面の皮脂汚れを拭き取りやすくするためだけに5,500円は高いと思いますが、今回施工してもらうにあたり「ガラスコーティングってどんなもの?」って調べることになり、知識がついたという点では良しとしたいと思います。

iPhone7 Plus Felica不具合

スマートフォンを購入する時の基準がFelica搭載です。
ガラケー時代にモバイルSuicaを使い始めました。
とても便利でスマートフォンが世に出た時も、モバイルSuicaが使えないからガラケーとの2台持ちでした。
すっとiOSではなくアンドロイドを使ってきたのも、モバイルSuicaの存在が大きかった。(Felica搭載のiPhone7以降についてはUSB Type-Cの存在が大きい)
しかし、2か月前(2020年10月)に、職場でのApple TV導入に伴って、iPhone7 Plusを購入しました。
iPhone6S Plusではなく、iPhone7 Plusにしたのは、Felica搭載でモバイルSuica対応というのが大きいです。
しかし、いざお店でモバイルSuicaを使おうとすると、読み取り機が反応しません。
当初は自分がApple Payに慣れていないからかと思い、試行錯誤してみたのですがどの試行錯誤もうまくいかない。
普段使いのスマホはアンドロイドでモバイルSuicaも問題なく利用しているので生活に不便はないのですが、原因をはっきりさせたくなり、Apple正規サービスプロバイダの予約を取り、持ち込み修理をお願いしました。

結果は「原因不明」とのこと。
2つの選択肢を提示されました。
1.初期化で直る可能性もあるがその可能性は低い。
これについては、「Felicaが使えないって物理的な故障ですよね。だったら意味がないのではないですか?」と訊いてみたところ、「そうですね。初期化で直る可能性はほとんどないと思います」との回答でした。

2.代替品と交換になる。
Felicaチップの交換はできないそうです。
代替品との交換は、保証が切れているので40,040円かかるとのこと。
(本体代36,400円+消費税3640円?)

初期化するのも面倒だし、代替品と交換で40,040円というのも馬鹿らしいので、結局そのまま持ち帰りました。

ラクマで購入した品物でしたが、取引メッセージから7日間経ってしまったので、先方に苦情を言う機会は一切ありません。
オークションで購入するデメリットを身をもって知りました。

今さらiPhone7 Plus

iPhone7 Plusをラクマで購入しました。
128GB、SIMフリー、バッテリー残量89%、付属品なしで20,900円。
仕事用です。
仕事でiPadを使っているのですが、常にiPadを持ち歩くのもかさばるのでiPhoneが欲しくなったのです。

なぜ今さらiPhone7?と思うかもしれません。
理由は、画面比率。
16:9が電子黒板のスクリーンにピッタリなのです。
現行iPhoneの画面比率は19:9。
愛用しているGalaxy Note 8の画面比率は18.5:9。
どちらも縦長過ぎて電子黒板のスクリーンにはしっくりきません。
しかし、iPhone7なら画面比率が16:9で気持ちいいくらいに電子黒板のスクリーンにピッタリです。

2016年のスマートフォンなので、性能が低いかもしれないとの懸念もありましたが、よく考えてみると、CPUはA10FusionでRAMは3GBあり、第7世代iPad(2019)と変わりません。
性能については心配無用と判断しました。

実際のところ、画面の小さいスマートフォンでできることは限られています。
この「限られたこと」であれば、性能はそこまで高い必要はないはずです。
例えば、交通規則でがんじがらめの公道を走る自動車に最高速度300kmは不要です。
現在のスマホ性能は行きつくところまで行ってしまい、「交通規則でがんじがらめの公道しか走らない」のに、最高速度をやれ300kmだ、やれこっちは310kmだと競っているようなものだと思います。
スマホについてはHuaweiやOppoの経験からミドルレンジでも十分だと思っています。

ところで、なぜiPhone8 Plusにしなかったのか?
ここは同じ16:9の画面比率なので迷ったところです。
しかし、「仕事でしか使わないのでできるだけ安いほうがいい」という理由と「Appleと言えばアルミの質感を楽しみたい」という理由からiPhone8 Plusは遠慮しました。

ちなみにプライベートのスマホはもちろんAndroidです。

Smart Keyboard Folio

iPad Pro 11インチ(2018)用のSmart Keyboard  Folioを購入しました。
ラクマで中古を購入。
先日父のために楽天モバイルを契約したことで期間限定楽天ポイントをもらったのですが、正直楽天ショップに欲しいものがなく、ラクマでポイントを使うことにしたのです。

なぜ、Smart Keyboard Folioにしたのかというと、iPad Proを裸で使いたかったから。
デザイン優先のApple製品はケースなしで使いたいものです。
iPad2の発売と同時にSmart Coverが発売されましたが、あれは「風呂蓋」と揶揄されることもありましたが、私自身はiPadを限りなく裸で使うことができる上に液晶画面を保護しスタンドにもなるという点でお気に入りでした。
しかしながら現在iPad Pro 11インチのほとんどの市販ケースはiPadをはめ込むタイプで、iPadを取り外すのが面倒。
どうしてもケースをつけたまま使うことになります。
これではせっかくのiPadのデザインを楽しめません。
Apple純正のSmart folioとSmart Keyboard folioはiPadを磁石でくっつけるだけなので、気軽にiPad本体を取り外すことができます。
つまり、iPadの美しさと質感をいつでも堪能することができる。

さて、Smart Keyboard Folioの感想は、キーボードがiPadの画面サイズなのでとても小さく打ちづらいというものです。
残念だったのは、裸のiPad Pro 11インチの形状が伝統的なiPadの形状よりも「手取りが悪かった」ということ。
この「手取りの悪さ」は気づきませんでした。
iPadといえば「手取りの良さ」に感服してきたのですが、iPad Pro 11インチは背面縁も角ばっていてとにかく手取りが悪い。
とてもじゃないけれど、裸で使う気分になどなれません。
これは想定外でした。
ということで、今回の買い物は失敗でした。