生活日記」カテゴリーアーカイブ

日立アルプス縦走

2か月以上前のことです。4月29日。(世間は自粛ムードですが)密にならなければいいだろうと、日立アルプス縦走に行きました。
日立アルプス縦走は2回目ですが、今回は半端なく疲れた。
今回は小木津山自然公園から風神山へのルートです。
朝7時8分に小木津駅を出発し、全工程8時間30分の長丁場でした。
思えば3月から山のトレーニングはずっとしていない。
少林寺拳法のトレーニングは続けているのですが、分野が違うと全くダメですね。
トレーニングなしに28kmの山道はやはり無謀でした。

溶連菌

溶連菌にかかりました。
朝起きると体中が痛い。
前日のトレーニングで追い込み過ぎたのでした。
前日のトレーニングでは、普段はあまり汗をかかないのに、冬だというのにポタポタと汗が落ちてくるくらい追い込みました。
そして、朝起きると体中が痛い。
しかし、朝練です。
体中が痛いので、サボろうかとも思いましたが「3分の1くらいならできるかも」と思い、ともかくも朝練に家を出ました。
3分の1くらい終わると「もう少しできるだろう」、「もう少しできるだろう」となっていき結局、フルでメニューをこなしました。
(物事は結局始めてしまえば何とかなるものです)

さて、出勤です。
体中が痛い。
さらには喉が痛い。
つばを飲み込むと喉が痛いのです。
仕事中に寒気もしてきました。
「休息が必要だ」と思い、退勤時間になると残業せずにすぐに帰宅しました。
体中が痛いし、喉は痛いし、寒気もするのでインフルエンザを疑い熱を計ってみました。
何度計っても39度以上あります。
やはりインフルエンザだと思ってすぐに病院に行きました。

結果は、インフルエンザではなく、溶連菌。
(私の読みは、前の日に身体を追い込み過ぎたので、身体が弱ってしまい、溶連菌が顕在化してしまったのだろうというものです)
溶連菌は抗生物質投与後24時間たてば感染力は大幅に低下するとのことで、取り敢えず次の日は仕事を休んで、その次の日から出勤しました。
(文部科学省の資料でも、溶連菌は抗生物質を投与して身体が安定したらその24時間後には学校に行っていいことになっています)

出勤したら、生徒たちに子供扱いされてしまったのは言うまでもありません。
(溶連菌はおもに小さい子供がかかる病気です)

SNSの疑問

少林寺拳法をやっているのですが道院(道場)の先生から「道院(道場)のホームページを作ってくれ」と言われました。
取り敢えず、ホームページは作りました。
しかし、ホームページは作るだけではダメで、その存在を知ってもらわなければなりません。
宣伝目的のホームページであるので知ってほしいのは見知らぬ人。
見知らぬ人にホームページの存在を知ってもらうにはどうしたらいいだろうと考えてツイッターの利用を思いつきました。
道院(道場)の様子をツイッターに載せる。
ツイッターにはホームページのURLを載せる。
地元で少林寺拳法や武道をやりたい人がいてツイッターで調べたらうちの道院が引っかかるようにしよう、との意図です。

ツイッターを投稿する際には、文字だけよりは写真もあったほうがいいはずです。
しかし、練習風景の写真がない・・・
練習風景の写真を撮るというのは意外と難しいということに気づきました。
理由は、自分も練習に参加しているからです。
練習中なので写真を撮る時間がありません。
武道に限らず「トレーニング中の写真」をSNSにアップロードしている人もいますが、あれって一体だれが撮影しているんだろう?

ワイモバイル、大丈夫?

高齢の母がスマホにするというので、帰省してスマホの購入に付き合いました。
MNPして転入するのはワイモバイル。
格安SIMの会社で「話し放題」があるのはワイモバイルだけです。
高齢者にとって「話し放題」は重要らしい。
開店の11時に予約をしてワイモバイルのショップに向かいました。
10時55分に着きました。
しかし、11時になってもオープンしません。
ショップの前には「係員みたいな人」が立っていたので、何時にオープンするのか訊いてみました。
すると、その人はそのショップが入っているモールの人でワイモバイルとは無関係であるとのこと。
ただ、その日はワイモバイルの店員(3人常駐のはず)が全員出勤しておらず、「まだオープンできない」と伝えるために立っていたのでした。

当日の10時に「予約確認メール」が送られてきたのに、予約した11時になっても店がオープンしない・・・
その理由が、店員全員の遅刻・・
ワイモバイルって大丈夫なのでしょうか?
店員の労働条件が悪いので店員のモラルが低いのでは?と勘ぐってしまいます。

結局、11時37分に店員が出勤し、11時40分に対応が始まりました。
店員全員の遅刻でオープンが40分遅れるなんて、ワイモバイル、大丈夫?

時計は11時30分を指しているのにロープが張られています。

AUひかり電話不通と原因

AUひかり電話を契約しています。
ある日、知人から「いつも不在だ」とのクレームがありました。
そんなはずはありません。
検証してみると「発信はできるのですが着信しない」といった状態でした。
携帯電話で自宅電話に電話してみると、携帯電話のほうでは呼び出し音は聞こえるのですが、自宅電話のほうでは何ら反応はありません。
着信しないのです。
思い当たる原因は雷による停電です。
すぐにKDDIお客様サービスに電話をしました。
(なかなかつながらない中、辛抱強くつながるのを待ちました)
KDDI担当者はとても丁寧な口調で症状を聞き「これを試してくれ」だとか「あれを試してくれ」と言ってくれます。
どれを試してもダメでしたが、最後に「携帯電話で自宅電話に電話して呼び出し音が鳴っているときに自宅電話の受話器を上げてつながるか試してみてください」と言われました。
その通りにすると不思議なことに「着信がないのに」つながりました。
着信はないがつながった旨を話すと、KDDI担当者は「おそらく電話機の故障でしょう。違う電話機で試してください」との返答。
たしかにその通りと思い、すぐにアマゾンで電話機を購入しました。

新しい電話機が届いたので、これをつないでみました。
するとまた同じ症状。
着信しません。
着信はしないのに受話器を上げるとつながります。
またKDDIお客様センターに電話をしました。
担当者に「新しい電話でも同じ症状なので電話機の故障ではない」と伝えると、「ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)の故障かもしれない。停電等で電気の流れが急に変わると、ホームゲートウェイ内の電話線をつなぐ回線だけが壊れてしまうことがある」とのことでした。
新しいホームゲートウェイを郵送するのでそれで試してみてください、とのこと。
分かりましたと伝え、新しいホームゲートウェイが郵送されるのを待つことにしました。

2日後に新しいホームゲートウェイが届きましたので、これに電話をつないでみました。
すると、電話は正常に機能しました。

インターネット回線はつながるし、電話の発信もできるのに、電話の着信のみができない。
着信しないのに受話器を上げると電話はつながっている。
こんな故障の仕方もあるのかと驚きました。

さて、残念なのは新しい電話を購入してしまったことです。
電話の故障ではなかったのですから、とても損した気分。
KDDIにとっては、今回の事例は非常に珍しいものでマニュアル化されていなかった、ということなのでしょうか?